Home > 気になるゲーム

気になるゲーム Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

World War 3

a100430_01.jpg

World War 3」(SPI)が気になっています。
1975年出版という随分古いもので、デザイナーはダニガン先生、アートはサイモンセン先生のゴールデンコンビ。
システムとか不明なんですが、70年代から見た近未来の世界大戦らしいです。
なによりも、サイモンセン先生が描く「世界地図」に思わず引き込まれます。
また表紙がグッときます。

Battle for Korsun

a100423_01.jpg

Battle for Korsun」(Chris Harding Simulations)が気になっています。
デザイナーは、CMJ#17の付録にもなった「48th Panzer Korps/第48装甲軍団の死闘」のジム・ゾルダック先生。
とある酒の席でいろいろ話を聞いていたら、プレイせずにはいられなくなりました。
DTPなコンポーネントも大好きです。

Stalin's War

a100417_01.jpg

そろそろお目見えの「Stalin's War」(GMT)が気になっています。
第二次大戦の東部戦線をテーマとした戦略級です。デザイナーは、テッド・レイサー先生。
ルール、マップ、カウンターなど公開され、いよいよ発売カウントダウンな感じです。

The '45

a100410_01.jpg

The '45」(Decision)が気になっています。
'45とつくと、第二次大戦末期ものかと思いましたが、1745年のイギリスで起こった、ジャコバイト最後の反乱をテーマとした戦略級ゲームです。
日本ではマイナーなテーマですが、コチラコチラで、うっすらと確認できます。
(TOM主催のサッポロ辺境伯さんもプレイされているのですね)

ジャコバイト最後の反乱が?な私ですが、コロンビア・ゲームスの積木ゲーム風なカウンターデザインにソソられましたね~。どんなテイストのシステムなんでしょうか。

Clash of Giants

a100406_02.jpg

「Clash of Giants」(GMT)が気になっています。
第一次大戦のタンネンベルクとマルヌの戦いをテーマとした作戦級です。
デザイナーは、ここ最近、「The Pocket At Falaise」、「Stalin's War」など第二次大戦モノのゲームデザインが多いテッド・レイサー先生です。
2001年に出版されて絶版になってしまい、入手は難しいのですが、続編のガリシアとイープルの戦いをテーマとした「Clash of Giants II」はまだ入手可能みたいですね。
IもIIもプレイしてみたいなぁ。

Home > 気になるゲーム

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
ZOC

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。