Home > Destruction of Army Group Center/WaW#9

Destruction of Army Group Center/WaW#9 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

全ソ連軍が泣いた

a100121_01.jpg

World at War#9付録の「The Destruction of Army Group Center」をヒストリカル・シナリオでプレイしました。
ドイツ軍は鹿内さん、ソ連軍は私が担当。

勝利条件は、ソ連軍の獲得VPが31VP以上でソ連軍の勝利となり、30VP以下の場合はドイツ軍の勝利となります。VPは、町が1VP、都市が3VP、それと、リガ以降のバルト沿岸へクスに補給が通じているヘクスをもっていると10VP、第1ウクライナの進出できるヘクスの支配で1VPとあります。行けそうで行けないところですが、ケー二ヒスベルクを占領するとソ連軍のサドンデス勝利もあります。

お互い、ドイツ軍がどーなるのかと不安のまま、作戦開始。
序盤から中盤にかけて、バグラチオン作戦から始まり、ソ連軍はひたすらドイツ軍をステップロスさせ進んでいきます。目指すはバルト沿岸。ガス欠を起こす第6ターンまでに進めるところまで進みます。ドイツ軍の中央軍集団は音を立てることもなく壊滅、北方軍集団と増援のみで戦線を維持させています。

終盤、第6ターンからすべて補給切れになり、全ソ連軍が泣きます。ユニット毎にダイスを振り、出目が移動力になります。これにより機動のばらつきが出て、集めたいところに戦力が集まらないので、ドイツ軍に与えるダメージが少なくなります。とはいうものの、ドイツ軍はボロボロ(ほぼ1ステップ)で、反撃もできない状況です。
リガを占領し、バルト沿岸へクスに隣接しますが、最終ターン、補給切れ移動のダイス目に失敗し、へクスをとることができず30VPでソ連軍の敗北となりました。

a100121_03.jpg

ソ連軍は、浸透できるので、ひたすら強い部隊で攻撃を仕掛けて前進するのみ。基本的に2ステップあり、一度の戦闘では除去できないので、包囲して1ステップロス、後続で除去というローテーションでしょうか。第6ターン以降の全部隊補給切れ状況では、ダイス目しだいなところが大きいです。
ドイツ軍は、ひたすら戦線整理と、たまに一撃といういう感じです。

WaW#3の「The Bulge」システムを使っていますが、大味に機能しすぎて、「The Bulge」にあったスリルがなくなっているのはもったいないなぁと。
ソ連軍プレイヤーは、第6ターン以降、毎ターン、20個ぐらいのユニットの移動力を決めるところが、たいへんで疲弊しますが面白いです。

対戦、ありがとうございました。

バグラチオン作戦

a100107_01.jpg

World at War#9の「The Destruction of Army Group Center」を3ターンぐらいまで動かしてみました。

システムは、WaW#3の「The Bulge」とだいたい同じで、ユニットにはステップあり、メイアタック、戦力差判定。スタック、ZOC入出時に移動コストがかかります。ZOCtoZOCの移動も可能(ドイツ軍要塞に例外あり)。ちなみにすべてのユニットが7移動力。
シークエンスは、ソ連軍の補充・増援-移動前戦闘-移動-移動後戦闘、ドイツ軍の補充・増援-移動前戦闘-ソ連空軍妨害配置-移動-移動後戦闘となっています。

ソ連空軍妨害配置というのは、ドイツ軍ユニットに空軍マーカーが置かれると、補給切れ症状と同じくダイスを振った数が移動力となり、とっても不確定になります。

補給判定は、毎フェイズ、ユニット移動時・戦闘時なので、移動前戦闘フェイズで切れていても、移動フェイズで回復させることができます。補給切れになっていても、ステップロスはしなく、移動時のペナルティは、ダイスを振った数が移動力になり、戦闘時のペナルティは、左1シフトします。
ドイツ軍の補給路は、国境を2つまでしか越えられないとか、末期のシビアな状況も反映されていますが、港湾都市を補給拠点にできる助け舟もあります。

お互い増援はあまりありませんが、部隊を回復させる補充ポイントがあるので、除去されても、補充させて復帰させることができます。
あとは、ソ連軍の第1ウクライナ正面軍の規制や騎兵機械化グループの特別能力、ドイツ軍の軍団グループ(KG)の登場などあります。

勝利条件は、ソ連軍の獲得VPが31VP以上で勝利となります。VPは、町・都市支配と、バルト沿岸へクス支配などあります。難しいかもしれませんが、ケー二ヒスベルクを占領するとサドンデス勝利もあります。
シナリオは、ヒストリカルと仮想戦が4つあります。

ヒストリカル・シナリオの第1ターンはちょっと特別で、ソ連軍は、バグラチオン・マーカーの指定があり、マーカーから9ヘクス以内のソ連軍ユニットのみが行動できます。攻撃箇所は限られてきますが、特別ターンのバグラチオン効果と空軍支援で、2シフトあげることができるので、突破箇所を作り、間接的に戦線を下げさせ、出遅れたドイツ軍部隊は、空軍で足止め粉砕がいいのかなと。

殴られ放題のドイツ軍は……第1~2ターンは、要塞を使った浸透されない戦線作りと、極度に壊滅されないようにしたいですね。
「The Bulge」の増援反撃で盛り返す米軍と違って、第6ターンからのソ連軍が弱体化(自動的にすべて補給切れになる)による反撃チャンスが生まれるので、装甲集中マーカーなどを使って、局地的に都市などをブン捕り返したいところです。

そういえば、「The Bulge」にあった戦略移動による大突破のスリルがなくなっていました。あの莫迦っぽさが好きでした。
またちょっと進めてみたいと思います。

Home > Destruction of Army Group Center/WaW#9

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
ZOC

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。