Home > 制作メモ

制作メモ Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

北方+中央+電撃戦

a100331_01.jpg

「独ソ電撃戦」と「北方軍集団の電撃戦」のマップを合体させてみました。
地形はベタ塗りなんですが、こう見ると「独ソ電撃戦」はまとまった地形が多いですね。それに守りやすい都市や町の配置になっていますね。奥が深い「独ソ電撃戦」であります。

「北方軍集団の電撃戦」も再度マップの手直しをしました。勝利得点ヘクスの配置が大きな課題になっているので、テストプレイを重ねての調整になりそうです。

ふたつ合わせてのゲームとなると、相互作用でまったく別のゲームになりそうな予感ではあります。勝利条件も合体用の条件付けも必要になるかと。ゲーム崩壊するのか、面白くなるのか、まったく単調になるのか、楽しみであります。

BALTIC'41

「北方軍集団の電撃戦(BALTIC'41)」をテストプレイ。
北方軍集団の戦略目標であるレニングラードへの道の一環として、主力となる装甲部隊が、バルト沿岸のリガを攻略していくのか、それとも内陸のダウガフピルスを蹂躙していくのかを自ずと選択させたい。
突破に距離的な時間のかかるリガ方面と、突破しやすいが地形や増援による対応に阻まれやすいダウガフピルス方面。そしてもうひとつ、中央(クルストピルス周辺)からリガ方面、ダウガフピルス方面へ振れる可能性も持たせておきたい。

ドイツ軍ユニットに関しては、「独ソ電撃戦」を踏襲したいので、戦闘序列とレーティングへの手直しなどはしない方向で。その代わり、軍エリア固定初期配置ではなく、3箇所あるエリアを自由に選べる、軍単位(第16軍、第18軍、第4装甲集団)での自由配置案を考えてみる。

「独ソ電撃戦」で、ミンスクの先にモスクワが見えたように、レニングラードがプレイヤーに見えるように表現できればと思っています。

北方軍集団の電撃戦

a100220_01.jpg

以前、「独ソ電撃戦」(エポック/CMJ)のプレイの中で、このシステムで北方や南方もプレイしてみたいね~と盛り上がったので、まずは、北方の独ソ電撃戦「北方軍集団の電撃戦(Baltic'41)」を作ってみました。

システムはもちろん「独ソ電撃戦」を使い、カウンターレーティングも基本的にはそのまま。マップは尺をあわせて連結できるかな?ぐらい近づけてみました。
ユニット数は「独ソ電撃戦」のほぼ半分になり、50~60個ぐらいになりそうです。
テストプレイを重ねて調整していきたいと思います。

ティータイムの時間は終わりだ

a100114_01.jpg

熱めの紅茶を入れ、「コンパス作戦」をテストプレイする。

イギリス軍の主力となる機械化部隊を、ソファフィ方面へまわす。
ニベイワのマレッティ戦隊を拘束するためにも少し送る。
歩兵部隊はマクティラ、ポイント90方面に向かわせ、力押しさせる。

イタリア軍は、拠点ヘクスにはスタックで守り、停滞させるために薄い戦線を張りながら秩序ある撤退を開始する。

マレッティ戦隊を削り、ニベイワを抜けた部隊は、海岸拠点へクスを強襲し占領する。
シディ・バラニへ向かっている歩兵部隊は順調だが、主力のソファフィ方面は、やはり停滞する。もう、ターンの半分だ。

海岸拠点突破部隊が、イタリア軍の作った“勝利街道”を進み、精鋭がスタックする西北拠点ヘクスをあっさり落とす。

部隊損害もなく順調だったイギリス軍に、シディ・バラニ、ソファフィ方面で、相互損害が多発する。そんな状況を狙ってたかのごとく、黒シャツ隊とイタリア戦車部隊が、偵察の守る海岸拠点を強襲、そして奪還に成功する。やるじゃないかイタリア戦車部隊。

最終ターンには、海岸拠点のイタリア戦車部隊は排除できたものの、シディ・バラニ、南西拠点へはとどかず、イギリス軍の電撃戦は収束した。

冷めた紅茶を飲み干し、次への作戦を練ることに…。

奉天と鉄嶺

「奉天20(Mukden20)」のマップを作り直すことに。
奉天と鉄嶺のラインと、マップサイドにターントラックを入れるので調整。
気になっている初期配置。現在固定配置なのですが、兵站想定内での両軍がとれるだろうと思われる配置で、固定配置+ランダム配置にできるようにも考えてみようかと思っています。
(両軍の作戦の自由度を上げたい意図もあります)

Home > 制作メモ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
ZOC

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。