Home > モスクワ'41/ドイツ装甲軍団

モスクワ'41/ドイツ装甲軍団 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

モスクワ'41 第8~ゲームエンド

モスクワか敗北か―
ドイツ軍最後の戦い。

a100211_01.jpg

第8ターン。
ドイツ軍は、機械化を集中してコロムナを占領。
コロムナ方面へのソ連軍増援を減らすために、北で猛攻撃を仕掛ける。
ソ連軍、北で大穴が開いたので、こちらの修復に増援を使うことになるとは。機械化2個を除去に成功。コロムナ奪還は次のターンに。ヴォロネジでは、先に攻撃を仕掛け、機械化を混乱させることに成功。

a100211_02.jpg

第9ターン(最終ターン)
ドイツ軍、コロムナ死守と反撃をされないために、できるだけ攻撃を仕掛けソ連軍部隊を混乱させる。北は後一歩とどかず。損害覚悟の上、あとはスタックで構える。
ソ連軍、機械化部隊に向けて総当り。またしても機械化2個を除去に成功。コロムナ、ヴォロネジ奪還ならず。ゲーム終了となる。

勝利条件の計算
コロムナ 4VP
ツーラ 6VP
オリョール 4VP
クルスク 4VP
ヴォロネジ 6VP(3VPの2倍)
反撃未達成 3VP
壊滅機械化 -5VP

22VPでドイツ軍勝利。

ドイツ軍は、南方突破が序盤に起きず、モスクワ第二戦線が構築されてからの機械化突破になり、早い段階での間接的アプローチにいたりませんでした。途中北に機械化を回して揺さぶりをかけましたが、全体的な流れとしてはソ連軍ペースな感じではありました。

ソ連軍は、反撃命令で第一線が崩壊しても、第二線が準備できて戦線を維持できたことが、ドイツ軍を抑えることには今回成功しているかなと。回復ポイントが増える後半に、もっと反撃を仕掛けるべきかと思いました。

モスクワ'41 第6~7ターン

モスクワ占領が遠くなってきたドイツ軍は、機械化をVP都市へ向かわせます。
東端からもソ連軍増援が出てくるので、配置には要注意。
ソ連軍は、都市や森林が集中しているので、増援による戦線の調整がしやすい。

a100210_01.jpg

第6ターン。
ドイツ軍の主力機械化が、ツーラに到達する。北の機械化も突破を狙う。
モスクワ占領が難しい感じもするので、VP都市の占領も目指す。
ソ連軍は、戦線、予備に余裕が出てくる。
ヴォロネジにも歩兵を回す。

a100210_02.jpg

第7ターン。
ドイツ軍は、主力機械化をコロムナへ進ませるが、歩兵が付いて来れないのが厳しい。北は突破を目指すも絶え間なく増援が出てくるので、戦線を張られてしまう。ヴォロネジとクルスクは、戦力が集まり次第攻撃を仕掛ける予定。
ソ連軍、コロムナ近くまで詰め寄られる。コロムナは落ちそう。ならば渡すついでに、ドイツ軍機械化を拘束し低オッズで仕掛けてみようと思う。

モスクワ'41 第4~5ターン

同志スターリンの反撃命令が発動されました。
第4ターンは、ソ連軍-ドイツ軍のシークエンスに変わります。
しかし、第5ターンは元に戻ってドイツ軍-ソ連軍になるので、この攻勢はソ連軍にとっては危機的状況に。

a100205_01.jpg

第4ターン。
ソ連軍の大反撃。
4ターンなので、反撃箇所は倍の8箇所。そんなに起こしていると戦線が維持できないので、5箇所で起こし3VP分は捨てる。ARで戦線が整理できたり、EXで機械化1個を除去に成功する。
ヴォロネジには歩兵をしのばせ、モスクワで親衛赤軍を生産する。
南はもうダメだが、なんとか戦線を張ることができた。
ドイツ軍、中央は穴を開けるも、親衛予備が立ちふさがる。
機械化を中央道路方面に数部隊振る。南は突破に成功。
ダブルターンになるので、ここでどこまで進出できるか…。

a100205_02.jpg

第5ターン。
ドイツ軍、南の機械化をツーラ側面へ間接アプローチとし、中央を直接アプローチとする。
ヴォロネジにも機械化を回す。
機械化と歩兵の移動差が出ているので、無理な進出は抑える。
ソ連軍戦線との間に差が開く。
ダブルターンで前線が壊滅したソ連軍、親衛予備による第2ラインで戦線を張る。
南から上がってきた機械化と北の機械化への対応のために予備を捻出する。
なんとかモスクワ戦線維持。
毎ターン、親衛赤軍を生産体制に。ヴォロネジは1個歩兵に任せた。

つづく。

モスクワ'41 第2~3ターン

ドイツ軍の作戦としては、やや中央(道路沿いではない)と南方に集めた機械化をツーラ側面から流し込み、モスクワ・サドンデスを狙っています。VP都市はモスクワ狙いの過程で獲っていこうと思います。
ソ連軍は、スターリン反撃命令がいつ発動されるかがポイント。この数ターンならば、反撃数が少ない場合は、穏やかな北方で起こして、多い場合は、少しはVPを失ってでも戦線を整えたい。

a100204_01.jpg

第2ターン。
ドイツ軍、中央で4箇所、南方で3箇所、機械化を集中させ戦端を開く。しかし、薄い戦線が構築される。一線防御なので、次で大穴が開く可能性アリ。とくに増援の届きにくいい南方。
とにかく投入したソ連軍だが、予備がカルーガ・ラインの親衛赤軍4個のみ。
反撃命令出ズ。

a100204_02.jpg

第3ターン。
ドイツ軍、南方で突破に成功。中央はまだ突破ならず。EX多発で歩兵に損害が出る。北方は和やかムードで、孤立したソ連軍歩兵が反撃成功するなど珍事アリ。
歩兵の遅さで戦線バランスが悪いソ連軍。突破された穴はふさぐことはできないので、南方はあきらめることに。

チットを引くと、同志スターリンの反撃命令が発動…。

つづく。

モスクワ'41 第1ターン

東京に雪が振った影響か、ドイツ装甲軍団シリーズの「モスクワ'41」をひっそりプレイ。

基本システムは、移動-戦闘、メイアタック、退却になると混乱する、いわゆる“ドイツ戦車軍団システム”ですが、混乱状態からの回復に連絡線の判定とポイントによる回復ルールが付きます。また、回復できずに混乱状態のまま攻撃を受けると除去されます。
他には、ドイツ軍の攻撃に耐えた通常赤軍を親衛赤軍に昇格(1ターン1ユニットのみ)できたり、チットによるスターリンの反撃命令の発動により、ターンが一時的に入れ替わるダブルターン(ドイツ軍-ソ連軍-ソ連軍-ドイツ軍となる)、天候による移動力の変化などがあります。

勝利条件は、ドイツ軍のモスクワ占領によるサドンデス勝利と、VPチットが置いてある都市、ドイツ軍機械化除去のVP、ドイツ軍の南東突破のVP、反撃命令達成VPの合計が、20VP以上ならばドイツ軍の勝利、19VP以下ならばソ連軍の勝利となります。

a100203_03.jpg

初期配置。
マップの方角は、北は左、南は右。
ソ連軍の配置は、横は2ヘクス開けての縦深防御。2列目は歩兵を2ユニット間隔おいて戦車を配置。どこからくるのか分からないので、まんべんなく散らす。
ドイツ軍は、中央の凸部と南方の平地ラインに機械化を投入。北方は無関心。

a100203_04.jpg

第1ターン。
ドイツ軍は奇襲効果の特別ルールで、移動-戦闘が2回できる。
2回攻撃できるも、取り逃がしたり、退却されてしまったりと、そこそこの展開。損害は歩兵1ユニットのみ。
だいぶやられたソ連軍ですが、一応戦線が引けてます。北方に圧力がないため、少し中央に向かわせる。親衛化はなく、反撃命令もまだでない。

つづく。

Home > モスクワ'41/ドイツ装甲軍団

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
ZOC

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。