Home > 2009年05月25日

2009年05月25日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

5.24Middle-Earth東京支部例会

いってまいりました「Middle-Earth東京支部例会」へ。
対戦してくださった皆様、ありがとうございました。

雨の中、昼過ぎに到着。

met090524_01.jpg

期待のMMP/The Gamers社の「Bastogne」を数ターンだけプレイしました。
基本システムは、移動-戦闘-突破のスタンダード・コンバット・シリーズ。
バストーニュを守るアメリカ軍(主に101空挺部隊)と、包囲していくドイツ軍という展開のゲーム。アメリカ軍は、大きい増援として、2ターンに101空挺がやってきます。ドイツ軍は毎ターンの増援で出てきますが、途中で何部隊かは撤退しちゃいます。
勝利条件は、ドイツ軍の撤退ポイント、VPルートの確保、バストーニュの占領ポイントとドイツ軍VP獲得で判定します。バストーニュ周辺のいくつかの道路がVPルートになっていて、アメリカ軍が1ユニットでもいるとポイントになりません。このVPルートの確保は難しそうです。

少ない部隊でバストーニュを守っているアメリカ軍に、東側からドイツ軍が進撃しますが、2ターンには、すぐに101空挺で戦線を張ることができます。101空挺は防御力が高く、縦深陣をとられると突破もできなくなってしまいます。
ドイツ軍は機動力のある打撃部隊が少ないので、包囲できるようにサイドに展開していきますが、そこへアメリカ軍の砲撃が降りそそぎます。またこれがよく当たって強力なもんで、ドイツ軍の打撃部隊はステップロスしまくりです。懲りずに増援の打撃部隊を加えて、集中して展開させると、またそこへアメリカ軍の砲撃…と、なんだか悪循環が…(なんか間違っているのかなぁ)。
数ターンだけのプレイでしたので、ターンが進むと、ドイツ軍の増援は、北や南からも登場するので、はじめからゴリ押しではなく、それを待って一斉に包囲して仕掛けると、また違う展開になるのかなと思いました。もう一度プレイし直したいと思います。

met090524_02.jpg

イタリア軍が厳しくも楽しい「コンパス作戦」をテストプレイしました。
勝利条件が課題になっていましてたので、マップ、ルール、勝利条件を修正をしたバージョンを持っていきました。何パターンか検証した結果、勝利得点ヘクスの修正で落ち着きました。このほぼ最終バージョンで、いろいろな方とテストプレイをしてみたいと思います。

12人ぐらいの方がいらっしゃいました。
皆様、ありがとうございました。

Home > 2009年05月25日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
ZOC

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。