Home > 2009年12月16日

2009年12月16日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

VITPテザイナーズ・ノート

a091216_01.jpg

「Victory in the Pacific(VITP)」のテザイナーズ・ノートが載っている、Avalon Hill出版の「GENERAL #14.4」を見ることができたんですが、砲撃力や速力などのファクター設定の表がありまして、数値のランク付け方法として参考になりました。

砲撃力は、主砲を基準にしていて、大和が持っていた 9x18.1"Gunsの6砲撃力が最高値になっています。装甲値は、最大排水量を旧型艦、新型艦とでわけて設定して、新型の50000トン以上が最高値の9装甲値になっています。速力は、34.5ノットが最高値の8速力です。空襲力は、20機~10機を基準にしているみたいです。

VITPでの大和・武蔵の能力は6-9-5。
主砲の9x18.1"Gunsで6砲撃力、最大排水量は72809トンで新型の50000トン以上の9装甲値、速力は27.46ノットなので27.5ノットレベルの5速力になります。

「War At Sea」のユニットもこの表に合わせることができるんですが、速力の設定で、若干、太平洋と大西洋で違うみたいです。

Home > 2009年12月16日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
ZOC

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。