Home > 2010年01月26日

2010年01月26日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

1.24Middle-Earth東京支部例会

最近暖かくなりました。
のんびり昼すぎに到着。

a100126_01.jpg

会場では、「Barbarossa to Berlin」(GMT)、シモニッチの「The Legend Begins」、「Taman '42」、「日露戦争」などがプレイされていました。

a100126_02.jpg

好評の「The Caucasus Campaign」(GMT)をプレイすることに。
ドイツ軍には鹿内さん、ソ連軍は私が担当で、さっそくゲームスタート。

ソ連軍の作戦は、ドイツ軍の進撃を遅らせることに絞って、第6ターン終了時のサドンデス狙いで、これでもかってぐらいに前進防御を展開。はじめは進撃も遅れていい感じなんですが、オーバーランと包囲で各個撃破され、まともに戦える部隊が数個という地獄絵図。これ以上プレイしてもアレなんで、第6ターンにソ連軍敗北で終了となりました。
やはり、二次移動のあるものは、後退して対応すべきなんですね。

a100126_03.jpg

ひと休みして、今度はしのはらさんと「The Caucasus Campaign」をプレイ。
ドイツ軍はしのはらさん、ソ連軍は前進防御で大失敗した私が担当。

今度の作戦は、前進防御はしないで秩序ある後退と補給ヒモ付けの都市篭城で対応。標的となったクラスノダールは怒涛の包囲攻撃と補給切れで疲弊し陥落しましたが、装甲部隊がグロズヌイ方面へ進撃したため、マイコプ、タマン方面は粘っています。エリスタもとられ、トゥアプセにも隣接され、ピャチゴルスクの攻防がはじまりましたが、毎ターンのサドンデス判定でソ連軍の勝利となりました。ものすごいギリギリ感でしたねー。

a100126_04.jpg

タマンをめぐる攻防戦「Taman '42」(Pacific Rim Publishing)が面白そうでした。

11人ぐらいの方がいらっしゃいました。
対戦してくださった皆様、ありがとうございました。

Home > 2010年01月26日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
ZOC

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。