Home > スポンサー広告 > 台湾のウォーゲーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://signalgames.blog51.fc2.com/tb.php/280-007b9337
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ウォーゲーム雑想録

Home > スポンサー広告 > 台湾のウォーゲーム

Home > 雑記 > 台湾のウォーゲーム

台湾のウォーゲーム

“アジアのぶらりスト”こと田村さんが、海外向けに英語版「日本のウォーゲーム史」を用意してくださいました。写真を織り交ぜ、日本にウォーゲームが入ってきてから、ここ最近の活動状況までを記事にしています。イイ仕事していますね~。

で、田村さんからの情報で、こちらでもエントリーされていますが、台湾でもいよいよウォーゲーム誌「戰棋」が創刊されるようです。
発売予定日は1月29日。Formosa Force Games から出版されるそうです。付録ゲームは、1949年の古寧頭戦役をテーマとした「血戰古寧頭 1949金門大戰」。創刊号は、128ページとボリュームがあり、ダイスも付くそうです。雑誌の記事、デザイン、コンポーネントとどれもが気になります。

台湾ではここ数年、ボードゲーム、ウォーゲーム熱が赤マル急上昇中だそうで、プレイや情報のやりとりが活発で(年に2回、ボードゲームのコンベンションが開かれていたりします)、そんな情熱が雑誌創刊に繋がったのかなと思います。
なんだか、日本の80年代頃のようでもあります。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://signalgames.blog51.fc2.com/tb.php/280-007b9337
Listed below are links to weblogs that reference
台湾のウォーゲーム from ウォーゲーム雑想録

Home > 雑記 > 台湾のウォーゲーム

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
ZOC

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。