Home > スポンサー広告 > 6.15Middle-Earth東京支部例会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

asasin URL 2008-06-17 (火) 01:10

OMEGA7さま、こんばんは。
いやぁ、ほんとに劇的な展開で、最後まで面白かったです。
それにしても悔しかったですよ~!悔しさの余り細かい所すっかり忘れてしまってましたが、おかげで率然と思い出しました(恨みがましい?)。
・・・もう少し上手にプレイしないといかんですね、反省です・・・
ドイツ軍は「3ポイントで如何に逃げ切るか」ってのが一番効率良いとは思うんですが、やっぱりなかなか難しいですね。どこかしらでミスして装甲が飛んでしまいます。それ以前にスモレンスクまで落とされる始末だし・・・

メッツはゲッツですね(笑)!

OMEGA7 URL 2008-06-17 (火) 12:24

先日は対戦ありがとうございました。
面白い展開で楽しかったです。
やはりドイツ軍は、ミスなく攻め続けるが基本なのでしょうか。
なかなか歯ごたえのあるゲームです。
「Drive on Metz」も楽しかったです。
また対戦よろしくお願いします。

asasin URL 2008-06-18 (水) 02:51

それにしても、メモを取っていた訳でも無いのにソ連軍の増援を全部憶えてる事に驚愕しました。

なんかもう、この段階で勝ち目が無い気がしてきた(笑)

OMEGA7 URL 2008-06-18 (水) 22:54

撮った写真から逆算して、たぶんこうだったかなぁという配置ですので…。
援軍マーカーは全部で14個なので、基本的にはクリチェフ方面[D]とスモレンスク方面[G]に、均等に7個ずつ置くような感じにはしています。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://signalgames.blog51.fc2.com/tb.php/48-de201b80
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ウォーゲーム雑想録

Home > スポンサー広告 > 6.15Middle-Earth東京支部例会

Home > 例会探訪 > 6.15Middle-Earth東京支部例会

6.15Middle-Earth東京支部例会

いってまいりました「Middle-Earth東京支部例会」。
対戦してくださった皆様、ありがとうございました。

いい天気。
荻窪駅から、バスで会場へ向かうことに。
駅前の焼き鳥屋がウマいんです。

プレイされていたゲーム
「武田騎馬軍団」
「EastFront」
「Assault on Sevastopol」

me0616
「Drive on Metz」
その昔、ウォーゲームハンドブックに、そして今、『C3i Magazine #20』に付いている「Drive on Metz」を、asasinさんと陣営入れ替えでプレイ。米軍では最終ターンでもメッツは落とせず、ドイツ軍では4ターンでメッツを落とされましたが、納得の面白さ。
両軍合わせて約20ユニット、シークエンスは移動-戦闘、強ZOCでメイアタック、戦力差CRTというシンプルゲームなので、すぐにでもプレイ可能です。
(米軍の空挺や独軍の強化などのオプションルールもあるみたいです)
初めて同士でプレイすると、お互いのスキルがわかるゲームなのかも。オススメです。

me06162
「スモレンスク攻防戦」
asasinさん(ドイツ軍)と私(ソ連軍)でプレイとなりました。
序盤から中盤にかけて、ドイツ軍はスモレンスクを獲り、矛先をイェルニヤへ向けて、スルスルっと獲得。ソ連軍は、クリチェフ方面とスモレンスク方面に増強していきますが、第3装甲集団の封鎖ができずに、スモレンスク-ドロゴブーシィラインへと漏れさせてしまいました。死守命令ポイントは阻止されましたが、その後にスモレンスク北を奪還しました。

中盤から終盤は劇的な展開になります。
ドイツ軍はクリチェフ方面のソ連軍ポイント都市を支配し、スモレンスクも再獲得します。しかし、スモレンスク-第3装甲集団戦区方面での混戦に戦力を割かれ、イェルニヤへの増強ができずにいます。
ソ連軍は、クリチェフ方面と、スモレンスク-第3装甲集団戦区方面にドイツ軍戦力を拡散させておきたいのと、スモレンスク-ドロゴブーシィラインを切られないために、両方面に増強します。わずかな戦力をイェルニヤへ向かわせ、奪還します。

最後のターンで、ドイツ軍は装甲部隊を集めて、スモレンスク-ドロゴブーシィラインを切ることは出来ましたが、ソ連軍がクリチェフ、スモレンスク北を、まさかの再々奪還で、ソ連軍の勝ちとなりました。
ソ連軍は後半のターンで、ドイツ軍装甲部隊を3個落とすことに成功しました。

今回対戦時のソ連軍の援軍マーカーの配置
1.D2個 G2個
2.E1個 G1個
3.G1個
4.D1個 G1個
5.D1個 F1個 G2個
6.D1個

9人の方がいらっしゃいました。参加費は500円。
アバロンヒルの「D-DAY」を見ることができました。
皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト

Comments:4

asasin URL 2008-06-17 (火) 01:10

OMEGA7さま、こんばんは。
いやぁ、ほんとに劇的な展開で、最後まで面白かったです。
それにしても悔しかったですよ~!悔しさの余り細かい所すっかり忘れてしまってましたが、おかげで率然と思い出しました(恨みがましい?)。
・・・もう少し上手にプレイしないといかんですね、反省です・・・
ドイツ軍は「3ポイントで如何に逃げ切るか」ってのが一番効率良いとは思うんですが、やっぱりなかなか難しいですね。どこかしらでミスして装甲が飛んでしまいます。それ以前にスモレンスクまで落とされる始末だし・・・

メッツはゲッツですね(笑)!

OMEGA7 URL 2008-06-17 (火) 12:24

先日は対戦ありがとうございました。
面白い展開で楽しかったです。
やはりドイツ軍は、ミスなく攻め続けるが基本なのでしょうか。
なかなか歯ごたえのあるゲームです。
「Drive on Metz」も楽しかったです。
また対戦よろしくお願いします。

asasin URL 2008-06-18 (水) 02:51

それにしても、メモを取っていた訳でも無いのにソ連軍の増援を全部憶えてる事に驚愕しました。

なんかもう、この段階で勝ち目が無い気がしてきた(笑)

OMEGA7 URL 2008-06-18 (水) 22:54

撮った写真から逆算して、たぶんこうだったかなぁという配置ですので…。
援軍マーカーは全部で14個なので、基本的にはクリチェフ方面[D]とスモレンスク方面[G]に、均等に7個ずつ置くような感じにはしています。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://signalgames.blog51.fc2.com/tb.php/48-de201b80
Listed below are links to weblogs that reference
6.15Middle-Earth東京支部例会 from ウォーゲーム雑想録

Home > 例会探訪 > 6.15Middle-Earth東京支部例会

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
ZOC

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。