Home > 気になるゲーム

気になるゲーム Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Simmons Gamesの棒ゲーム

a100403_01.jpg

Simmons Gamesの積木ゲームというか、棒ゲームの「Bonaparte at Marengo」と「Napoleon's Triumph」が気になっています。
なんといっても、コンポーネントに魅かれましたね~。参謀本部の机上演習的な雰囲気にグッときましたね。それに、独特なエリア概念と移動方法に、ダイスを使わない戦闘システムも魅力的です。

「Bonaparte at Marengo」は、1800年のマレンゴの戦い、「Napoleon's Triumph」は、1805年のアウステルリッツの戦いになっています。同じシリーズで、南北戦争のゲティスバーグの戦いをテーマとした「The Guns of Gettysburg」もディベロップ中とのことで、楽しみであります。

今月のゲームイベント「les hussards et les mousquetaires」で、「Napoleon's Triumph」がプレイされるということなので、ぜひ観戦したいと思います。

鈴木銀一郎の朝鮮戦争

a100329_01.jpg

「YALU」も気になるところですが、千葉会の総帥・yagi先輩の「朝鮮戦争」のリプレイがやたら(このゲームへの熱き思いとか魅力とかいろいろ)面白かったもので、日本が誇るゲームデザイナー・鈴木銀一郎氏の「朝鮮戦争」(エポック/Sunset)もプレイしてみたいなぁと、気になっています。「YALU」と「朝鮮戦争」は、セットでゲットかな。

ジョン・ヒルの朝鮮戦争

a100327_01.jpg

Compass Gamesの「YALU」が気になっています。
周辺では局地的YALUブームで、先日のミドルアース例会の田村さん、asasinさんのプレイを見てソソられました。
テーマは、1950年11月の中国軍による大反撃からはじまる朝鮮戦争キャンペーン。
コンポーネントが豪華で、GDWから1977年に出版された初版と、今回再ディベロップされた第2版(デラックス版といってます)が入っています。が、マップは新旧2枚用意されているのですが、ユニットは新旧裏表にプリントされています。
エポック「朝鮮戦争」にも影響を与えたらしい作品とのことなので、ますます気になります。

Tank on Tank

a100317_01.jpg

戦術級ゲームでおなじみのLock 'n Loadから発売されている、第二次大戦・西部戦線を舞台にした戦車メインの戦術級ミニゲーム「Tank on Tank」(Lock 'n Load)が気になります。
歩兵や砲兵はいますが、メインはタイガーやシャーマンなどの戦車。チットの行動ポイントで移動・戦闘を行い、勝利条件を競い合うようです。
“ルールは5分で学べて、休憩時間にサクッとプレイできる”と書かれるとついついソソられます。

イタリア軍、勝利街道をゆく

a100301_01.jpg

Worthington Gamesの「Desert War: Egypt, 1940」が気になります。
イタリア軍の1940年北アフリカ・エジプト侵攻を、あのリチャード・バーグ先生がカードドリヴンで仕上げたもので、システムは、2009年に出版されたシシリー上陸作戦の「MedWar Sicily」とほぼ同じのようです。
イタリア軍のエジプト侵攻から、イギリス軍反撃のコンパス作戦まで入っているようです。

Home > 気になるゲーム

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
ZOC

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。